ワタシノオト

つれづれなるままに。

確定申告で詰む(でも何とかなった話)①

この1月~3月は、例年に比べて多忙でした。この職業、いつ仕事がこなくなるのか分からないため、稼げるときに稼いでおけ!ということで、仕事メインで(当社比)過ごしていました。土日もどちらかは仕事をしている日が多かったかな。

 

しかし、年が明けると、個人事業主の避けられない一大イベント(?)があります。そう、確定申告。今年度も昨年度と同様、コロナ対応ということで期限が3月15日から1か月延長されました。それをよいことに、ちゃんと日ごろから準備していれば、仕事が忙しいとはいえ本来なら間に合ったはずの3月15日になっても、まったく何も終わっておらず(ちなみに、基本的に還付申告です)。

 

私はフリーランスになって今年で16年目。最初は白色申告でしたが、数年やってみて、何とか続けられそう(収益ではなく生活スタイルとして)と感じた頃から、さまざまなメリットを考慮して青色申告に切り替えました。白色からの変更点として一番大きかったのは帳簿付け。ただ、在宅翻訳業なので、仕入れがあるわけでもなく経費も大してかからず、という感じで、他の自営業の方(飲食業や商店経営の方など)よりもかなり楽なようです。

 

今回から数回に分けて、今年の(毎年だけど、今年はとりわけ)私の確定申告どたばた記録をつづろうと思います。まあ、こんないい加減な人もそういないでしょうけど...

 

(続く)